ぼっち充ラボ

ぼっち生活を充実させる少しふざけた日常ブログ

【かんすけの観察記録7日目】陰キャ全開の飲み会NG行動への助言

「ネコノミクス」という言葉まで生み出した

肉食目ネコ科ネコ属。

ペットとして絶大な人気を誇る彼ら。

このブログは独身女と暮らすことになった

一匹の茶トラ猫の生態と日常を観察した少しふざけた記録である。

※この記事に医学的、科学的根拠などはありません。

※このブログには商品の写真、細かい紹介を省くためと

 少しの下心で楽天、その他アフィリエイトを使用しております。

観察7日目:苦手な陽キャ部署の飲み会に参加したケイを癒す

□□5月某日。

研究対象兼研究員『ケイ』。

陽キャばかりの飲み会に参加□□

参加した飲み会種別:送別会

参加目的:会社での人間関係を円滑にするため。

幹事より求められたと思われる役割:

主役の男性がお気に入りの女性社員を呼ぶため、

「〇〇さんも来るから参加してよ」

と誘いやすくするために呼ばれた。

「〇〇さん」がケイの求められたポジションと考えられる。

□□

前に一度参加したことがある部署の飲み会のため、

ケイはメールを観て速やかに

役割確認完了。

これを最後にすることとし、参加。

飲み会参加の予定を聞いた

観察対象兼ケイの世話係猫かんすけの役割:

自宅警備&お留守番、帰宅後のケイの心をケアすること。

陰キャ飲み会NG行動

1:空気を読みすぎる席に座る

はい!

そこの空気読みすぎのあなた。

全人間属は知らないかもしれないが、

ぼっちの生態として、

実は空気を読みすぎてしまう

という特性があると考えられる。

★肉食目ネコ科ネコ属秘密組織「二足歩行科人間属観察隊」調べ

※上記は架空の組織です(笑)

空気を読みすぎて、

変に気を使いすぎた結果、

自分を追い詰めているのだ。

今回も主役の席が真ん中という過程から、

連れてきた女性社員を、

主役の隣の席に自然と誘導し、

自分は一番端っこへ。

端は陰キャにとって最高の席だが、

よっぽど声が大きい人でないと、

ぼっちになる確率が倍になると考察される。

2:一生懸命、話題を探してはなしを振ってしまう

はい!

そこのコミュ障のあなた。

飲み会で一生懸命話題をさがして、

振ってしまっていませんか。

でも以外に盛り上がらず、

また話題を探して

はなしをふる。

疲れてしまいましたよね。

お疲れ様です。

ほんとうにありがとう。

 

陰キャが盛り上げるなんて

無理なんですから、

逆に開き直って、

だれか話振ってくれないかな。

肩の力を抜いて

他人にゆだねてみましょう。

3:話が続かないので自分の話をしてしまう

はい!

そこの沈黙が苦手なあなた。

飲み会で一生懸命話題をさがしたけど

相手の回答が短すぎたり、

途中で料理が来たりして話が途切れたり、

無言の空気が流れて、しかたなく

自分の話をしてしまっていませんか。

疲れてしまいましたよね。

お疲れ様です。

ほんとうにありがとう。

 

自分の話したくもない情報を

その場の空気のためだけに、

切って売って、自分が傷ついて、

それなのに、相手には

「あいつは自分の話ばかり」なんて思われて

本当に損ばかり。

もう、どうしようもないので

逆に話をしないやつらに

「こいつら一体何なんだよ!」と心の中で叫び、

次は絶対気を使わない!と心に誓いましょう。

4:「くっそつまらないな」と思いながらも笑う

陽キャのウザいなぞのノリにあわせて

「くっそつまらないな」と

思いながらもがんばって笑っていませんか。

空気を読んで、

一生懸命話をして

後半なんてもう精神的にクタクタですよね。

おつかれさまです。

 

そのうえ、謎の陽キャのノリに合わせて

「くっそつまらないな」と

思いながら笑っている。

 

はい。

NGです。

もう、こっちは気を使いすぎて

疲れちゃっているんですから

「もういいや。」と

最高に冷めた視線を送ってやりましょう。

まとめ

本当におつかれさまでした。にゃ。

20代のころとは違い口実のために呼ばれ、

ほぼ放置される。

自分も、20代のころの役割は求めてないしね。

自分の役割はわかっているので、

役目は果たしたと、

帰ったら自分をねぎらいましょう。

 

陰キャが空気を読みすぎないようにする

なんて、無理なことで。

毎回疲れてしまうかもしれないけど。

家に帰ったらすべて忘れて

自分のための時間。

ネコ属の動画でも観ることに集中しましょう。

他の人も自分が変なこと言ってないかとか

自分のことしか考えてないから大丈夫です。

飲み会なんて

人間属が少し生きやすくするための、

ご機嫌うかがいの

手段の一部でしかないのですから。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

まだまだ、はてなブログの使い方とか勉強中で不定期ですが、

「ケイ」の生態観察と同時進行で

ブログを書いていく予定ですので、

読者登録していただけたらうれしいですm(__)m

みなさまにネコ族の癒し力が伝わり

幸せが訪れますように、

そして猫や動物たちが幸せに暮らせる世界が

どんどん広がりますように。

それではおやすみなさい☆彡